初期費用ゼロ、料金体系~IT導入補助金のサポート

2017.02.01

更新日:2017年2月20日 1次募集申請サポートの受付を終了しました。一部情報を更新しました。
更新日:2017年2月3日 手続きの流れをの情報を更新しました。

 平成28年度補正 サービス等生産性向上IT導入支援事業(IT導入補助金)1次公募について、
今回は当社サービスを広く知っていただくためのモニターを募集します。
採択された場合、A4・1枚の簡単なアンケートに記入いただくことで、
各種ご支援を初期費用なしで行っています(2017年2月28日締切の1次公募限定。2次公募時は初期費用あり)。

申請したものの不採択となった場合、費用は一切発生しません。
補助金が採択され、実際に入金された場合、その後1週間以内に費用をお振込みください。※1
(お申し込み多数のためお断りする場合があります)

  

IT導入補助金 コンサルティングメニュー

本メニューは、電話・メールでの対応となります。
対面でのご相談、打ち合わせは一切行いません。
(注:1次募集時の条件です。2次募集時の料金体系は異なります)
 

1.補助金申請書類の作成サポート

  a. 補助金の申請書類作成のサポート 3万円(補助金の入金があった後のお支払)
  b. 採択後、実績報告書等、補助金入金までの書類作成サポート 2万円(補助金の入金があった後のお支払)
  (a.のみの申し込み可。b.のみの申し込みは不可))
 

2.「おもてなし規格認証 2017」認証による加点

  3千円(補助金の入金があった後のお支払)
  ただし、2.のみのお申込みは承っていません。
 

3.認定「専門家」の支援による加点

  ミラサポ認定専門家による書類確認とメールもしくは電話でのアドバイス(30分以内) 1.5万円(補助金の入金があった後のお支払)
  「専門家による事業計画の作成支援を受けている」ことを証明します。 
 

4.「経営力向上計画」の認定(申請)による加点

  費用:6万円(補助金の入金があった後のお支払)
  経営力向上計画の作成、認定されるまでの修正対応(決算書1期分のデータが必要です)
 
 

1.~4.まとめてセットプラン

 購入金額120万円以上        11.5万円(1.~4.)
 購入金額80万円以上120万円未満    6.8万円 (1.~3.)
 購入金額80万円未満         5.3万円 (1.~2.)
 (いずれも税別表記)
 
 

<注記事項>

 ※1 お客様の自己都合により申請しなかった場合や、
    採択された後に自己都合で取り下げた場合、自己都合で完了報告をしなかった場合、
    交付決定前にツールを契約・導入してしまった場合は、費用が発生します。
 
 ※2 「経営力向上計画」等の申請書類作成は行政書士が行います。
    なお「経営力向上計画」の認定がおりるまで、補助金の交付決定はなされません。
  
 ※3 メニュー1.b.、及びメニュー2「おもてなし規格認証 2017」認証のみのお申し込みは承っていません
 ※4 内容によりお申込み前にお断りする場合があります
 
 ・お申し込みは、申請元である事業者と当社・行政書士事務所との契約となります。
 ・費用は、補助金の入金後、1週間以内に指定口座への銀行振り込み。
 ・料金体系は2017年2月1日時点です。今後、価格・条件を改定する場合があります。
 
 

お申し込みの流れについて

※2月3日更新
 

<申請の流れ>

 1.補助金申請者とIT導入支援者間で導入システムの決定
 2.当社から電話・メールで補助金申請者に、当社のサービス内容を連絡
 3.補助金申請者が当社側への申込書を記入押印し当社へ送信(PDF・メールにて)
 4.当社から電話ヒアリング(補助金申請者もしくはIT導入支援者)
 5.当社側(行政書士事務所含む)で書類作成、電話コンサルティング等
 6.完成後、補助金申請者が内容に問題がないか確認。
  その後、IT導入支援者へデータのお渡し
  (経営力向上計画は、作成した申請書を中小企業(補助金の申請者)の方が印刷・押印して郵送提出)
 7.お渡ししたデータをIT導入支援者が、オンライ上の申請登録画面に転記し、申請完了。
 
 

<採択・交付決定後以降の流れ>

 注:交付決定がでるまでに契約・支払いしたものは補助金の対象になりません
 
 1.補助金申請者とIT導入支援者間でシステムの導入、購入費用の支払い完了
 2.当社側で実績報告書を作成し、補助金申請者に内容に問題がないか確認。その後、IT導入支援者へデータのお渡し
 3.IT導入支援者は実績報告を事務局に提出
 4.補助金の入金があった場合、1週間以内に当社側へ報酬のお支払
 (補助金申請者の自己都合で、採択後、システムを購入しなかった場合や取り下げた場合は 費用を頂戴します)
 5.補助金申請者がアンケート(A4・1枚)記入、当社宛に送信(PDF・メールにて)
 
 
 
<手続きの流れ>(平成28年度補正 サービス等生産性向上IT導入支援事業 公募要領より図を抜粋)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご相談はこちら お電話もしくはお問い合わせフォームより

対応エリア:全国対応可能(大阪・東京・名古屋・広島・岡山・福岡)
株式会社リブウェルは全国のものづくり補助金の申請書作成完全代行を受け付けております。まずはお気軽に、お問い合わせください!

ページの先頭へ戻る
Copyright(C) 株式会社リブウェル All Rights Reserved.