2018年(平成30年)『IT導入補助金』申請サポート<先行受付中>

『IT導入補助金』(IT補助金、平成29年度補正 サービス等生産性向上IT導入支援事業)とは、中小企業等の生産性向上を実現するための、バックオフィス業務等の効率化や新たな顧客獲得等の付加価値向上(売上向上)に資するIT導入費用が補助される補助金です。
主なITのイメージとして、1.簡易税務・会計処理、2.POSマーケティング、3.簡易決済、4.在庫・仕入れ管理、,5.顧客情報管理・分析等が想定されており、対象となるIT導入費用の1/2、最大50万円が補助されます。

2018年(平成30年)の公募には、500億円の予算(2017年は100億円)がつく見込みです。

『IT導入補助金』を活用することで、例えば、次のようなことが実現できます。

<当社2017年サポート事例(一例)>

  • ●予約/顧客台帳サービスを導入し、新規顧客の獲得や予約率向上を図りたい(飲食業)
  • ●生産管理/受注管理/在庫管理システムを導入し、業務効率改善や納期短縮を図りたい(製造業)
  • ●ホームページを導入し、集客アップやリピート率向上を図りたい(サービス業)
  • ●自社のITツール(ソフトウェア、サービス等)の販売拡大を図りたい(ITサービス業)

一方で「IT導入補助金を活用したいが、何をすればよいか分からない」といった事業者様も多いのではないでしょうか。

中小企業を支援する株式会社リブウェル(大阪市北区、代表取締役 牧野谷輝)では、東京・大阪を中心に補助金・助成金申請サポート(ヒアリングによる事業計画書類の作成代行・申請支援)を行っております。

これまで6億円以上の補助金・助成金の申請をサポートした実績のある当社が、2018年(平成30年)も、貴社の『IT導入補助金』の申請を徹底サポート致します。

現在、正式公募前ですが、先行受付中です。詳しくは、問合せフォーム よりお問合せください。

◆自社にITを導入して、生産性向上を図りたい、中小企業の事業者様(補助事業者様)はこちら<準備中>

◆自社のITを販売したいIT業界の事業者様(支援事業者様)はこちら<準備中>

公募に関する連絡をご希望の方は、問合せフォームより「IT導入補助金に関する連絡希望」の旨、ご連絡ください

 

『IT導入補助金』とは

※2018年(平成30年)の情報は、当社予想になります。正式には、公募開始時の公募要領等をご確認ください。

『IT導入補助金』(IT補助金、平成29年度補正 サービス等生産性向上IT導入支援事業)とは、中小企業等の生産性向上を実現するための、バックオフィス業務等の効率化や新たな顧客獲得等の付加価値向上(売上向上)に資するIT導入費用が補助される補助金です。対象となる費用の1/2、最大50万円が補助されます。

経済産業省より2018年春を目途に、中小企業のIT(情報技術)を活用した生産性向上策として公募される見込みです。2017年12月22日に、平成29年度補正予算で「サービス等生産性向上IT導入支援事業費」として、500億円の予算が閣議決定されました。13万5千社の利用が想定されています(2017年は約1万5千社)。

自社のIT導入の際に補助金を使えば、実質1/2の費用で購入できます。自社のIT製品やサービスの販売に活用すれば、実質1/2の価格で販売できます。幅広い事業者でメリットの多い補助金です。

 

対象となる事業者(2017年(平成29年)公募と同じ場合)

日本国内に本社及び事業所を有する中小企業者等

・中小企業等(個人事業主を含む)(※注)

・企業組合、協業組合等の組合関連

・医療法人、社会福祉法人及び特定非営利活動法人

※注)「中小企業等経営強化法」第2条第1項に規定されている資本金・従業員規模の一方が規定の数値以下である場合(個人事業主を含む)例えば、サービス業であれば資本金5000万円以下、もしくは従業員100名以下が対象、製造業等は志保金3億円以下、もしくは従業員300名以下が対象。

 

補助対象となるITツール(2018年)

バックオフィス業務等の効率化や新たな顧客獲得等の付加価値向上(売上向上)に資するIT

想定する主なITイメージとして、経済産業省より、以下のものがあげられています。

1.簡易税務・会計処理、2.POSマーケティング、3.簡易決済、4.在庫・仕入れ管理、,5.顧客情報管理・分析 等

2017年(平成29年)の公募では、事前にIT事業者(IT導入支援事業者)がITツールとして申請し、採択されたもののみが対象となりました。登録されていないITツールは補助金の対象外のため、購入しようとしているITツールが補助金の対象か、ホームページから事前に確認されておく必要があります。IT事業者(IT導入支援事業者)でのITツール申請が不採択になったり、なかなか採択されないということもあるため、早めの準備が大切です。

2017年(平成29年)の公募では、以下の業務の複数を横断して活用するITツールが対象になりました。2018年(平成30年)の公募については、2018年春頃に予想される公募開始時の公募要領等をご確認ください。

  • ● 顧客と対面し、売上げを作り出す「フロント業務」
  • ● 原価・納期・在庫などを管理し、フロント業務を支える「ミドル業務」
  • ● 会計や給与等を把握し、下支えとなる「バックオフィス業務」

 

補助対象経費(2017年(平成29年)公募と同じ場合)

・パッケージソフトの本体費用

・クラウドサービスの導入・初期費用

・クラウドサービスにおける契約書記載の運用開始日(導入日)から 1 年分までのサービス利用料・ライセンス/アカウント料 など

ハードウェアは対象外となります。

  

補助率・補助金額(2018年)

採択された場合、投資額の2分の1(2017年は3分の2)、15万円~最大50万円(2017年は20~100万円)が補助されます。

 

申請方法(2017年(平成29年)公募と同じ場合)

申請は、事務局に登録されたITツール(ソフトウエア、サービス等)を取り扱うIT支援事業者が代行申請します。

 

申請のポイント(2018年)

・IT導入を経営改革に着実に繋げる観点から、申請時に生産性向上計画の作成・提出を求められます。
  自社の成長戦略(事業課題、将来計画等)とIT等の導入設備の必要性について明確化する必要があります。

・サービス産業等の生産性向上施策等との連携を図るため、おもてなし規格認証や、第三者による生産性向上計画の作成支援、セキュリティ対策への配慮等が盛り込まれる予定です。

※ 株式会社リブウェルの「IT導入補助金」申請サポートでは、上記のいずれもご相談頂けます。

 

注意点

・ITツールの導入タイミングは、申請が採択された後になります。採択される前に、契約、発注や導入等された場合は、補助金の対象になりませんので、ご注意ください。

 

株式会社リブウェルの「IT導入補助金」申請サポートの強み

1.豊富な採択実績と専門性

株式会社リブウェルは、2017年(平成29年)300社以上のIT導入補助金の採択を支援してきました。

「ものづくり補助金」等、6億円以上の補助金・助成金の申請サポート実績があり、中小企業庁元長官に推薦頂いた『中小企業のための補助金・助成金徹底活用ガイド 2017年~2018年版』(同友館)の出版にも全面協力、当社代表の牧野谷輝も執筆いたしました。

当社補助金コンサルタントが貴社の申請を徹底サポート致します。

2.完成成功報酬(申込数には限りがあります)

株式会社リブウェルの「IT導入補助金」申請サポートは、完全成功報酬。
着手金無料、補助金が不採択になった場合、一切費用はかかりません(※注)。

注:ただし、お申込み後、お客様の自己都合により申請しなかった場合や、
 補助金の交付が決定された後に自己都合で取り下げた場合や完了報告をしなかった場合、
 交付決定前にツールを契約・導入してしまった場合等は、成功報酬の費用が発生します。

※着手金無料、完全成功報酬での受付数には限りがあります。お早めにお申込みください。

3.補助金入金までのきめ細かなサポート

株式会社リブウェルの「IT導入補助金」申請サポートは、申請書類作成だけではなく、補助金入金までのサポート付き。

せっかく採択された補助金が、採択後のIT導入や完了報告、審査等で、案内の見落としや手続きの不備により、減額されることや支給されないこともあり得ます。

電話ヒアリングによる申請書類の作成代行から、各種書類の取得・作成方法の案内と提出前の事前チェック、事務局からの新着情報に対するご案内や事務局への問合せ方法のご案内など、きめ細かにサポート致します。

【ご参考】2017年(平成29年)「IT導入補助金」申請サポートの内容
※一部、お客様によって対象外のものもございます。ご了承ください。

■交付申請まで

□全体の流れのご説明
□必要な書類のご案内
□登記簿の写し(履歴事項全部証明書)の入手
□(個人事業主の場合)開業届または代替書類のご案内
□交付申請書(様式第1)の作成
□交付申請書(様式第1)の押印のご案内
□おもてなし認証取得のご案内
□電話またはメールによるヒアリング
□ヒアリングによる事業概要や強み・弱みの明文化
□生産性指標等のご提案
□事業計画書で必要なデータのご案内
□審査項目を踏まえた交付申請書類の作成
□申請書類に弊社ミラサポ登録専門家の記名
□交付申請書類の確認のご案内
□交付申請書類のチェック
□申請手続きにおけるIT導入支援事業者との連携
□申請締切のご案内
□IT導入補助金事務局からの手順変更等への対応
□必要に応じIT導入補助金事務局への質問や質問文面作成
□その他、お問合せへの対応


■補助金の採択から補助金入金まで

□採択後の手続き(事業完了報告)のご案内
□今後の流れのご案内
□必要な書類のご案内
□証憑類準備におけるIT導入支援事業者との連携
□事業完了報告期限のご案内
□事業完了報告書(様式第8)の作成
□事業完了報告書(様式第8)の押印のご案内
□通帳コピーのご案内
□申請書類のチェック
□IT導入補助金事務局から郵送される書類と対応方法のご案内
□(住所変更がある場合)住所変更手続きのご案内
□IT導入補助金事務局からの手順変更等への対応
□必要に応じIT導入補助金事務局への質問や質問文面作成
□その他、お問合せへの対応
 

IT導入補助金 申請サポート コンサルティングメニュー(2018年)

IT導入支援事業者様向け(自社のITツールを販売したいITベンダーの方)

サポート内容や費用等、詳しくは、お問合せフォーム より、お問合せください。

 

補助事業者様向け(ITツールを購入して自社に導入したい中小企業等の方)

サポート内容や費用等、詳しくは、お問合せフォーム より、お問合せください。

 

<参考>

 2017年(平成29年)公募分のIT導入補助金申請サポート → こちらをご確認ください

 

  

ご相談はこちら お電話もしくはお問い合わせフォームより

◆その他の補助金・助成金の申請書作成も可能です。個別にお問い合わせください。
ページの先頭へ戻る
Copyright(C) 株式会社リブウェル All Rights Reserved.