革新的事業展開設備投資支援事業(東京都版『ものづくり補助金』) 申請サポート

6億円以上の補助金サポート実績のある当社が、御社の補助金申請を徹底サポートいたします。
担当するコンサルタントは、今回の申請窓口である「東京都中小企業振興公社」にて専門家登録されている中小企業診断士(経済産業省登録)の当社代表牧野谷 輝(まきのや あきら)です。


 著書・執筆:『中小企業のための補助金・助成金徹底活用法』(同友館)
       『中小企業のための補助金・助成金徹底活用ガイド2016-2017』(同友館)

 ※ 9/29(金)、10/12(木)東京品川で、徹底対策セミナーを行います。
 詳しくは → 徹底対策セミナー

【東京都】革新的事業展開設備投資支援事業とは

平成29年度新規事業 革新的事業展開設備投資支援事業(いわゆる東京都版『ものづくり補助金』)とは、
最新機械設備の購入経費を助成する補助金です。
(注:申請するためには、2017年10月17日までに東京都中小企業振興公社に事前予約が必須となっています)

本事業は、
・東京都内の事業者※

・2018年4月1日~2019年3月31日に
・1基100万円以上の最新の機械装置を購入する場合に、
・3分の2ないし2分の1、最大1億円が受け取れます
 (例:3000万円購入→2分の1の1500万円が助成)
※本店が東京で製造業、運輸業・郵便業、卸売業の事業者であれば、
 神奈川県、埼玉県、千葉県、群馬県、栃木県、茨城県、山梨県に所在する工場に

 設置する場合も対象になる場合があります。

今年度、東京都予算は50億円ついていますが、10月17日までに事前予約が必要なうえ、申請期間は
10月23日~10月26日の4日間と大変短く、さらに郵送不可で持参して申請する必要があります。

【助成率・助成限度額】

(図は「平成29年度 第2回革新的事業展開設備投資支援事業募集要項 」東京都中小企業振興公社 より引用)

 Ⅰ 競争力強化
  更なる発展に向けて競争力強化を目指した事業展開に必要となる最新機械設備を新たに購入する事業

 Ⅱ 成長産業分野
  成長産業分野(1.医療・健康・福祉 2.環境・エネルギー 3.危機管理
  4.航空機・宇宙 5.ロボット 6.自動車)の「支援テーマ」に合致した
  事業展開に必要となる最新機械設備を新たに購入する事業
 

対象となる機械設備の一例

  高機能3Dプリンター、複合レーザー加工機、研削盤・センターレスグライダー、金属加工装置、

  ベンダー・プレスマシン、パンチングマシン、シャーリングマシン、工作機械類、
  マシニングセンタ、切削・工作機械、板金加工機械類、融接・圧接・ろう接関連機械、
  バンドソー、H鋼成形機、放電加工機、マルチプロセスセンサー、
  食品レトルト殺菌装置、自動包装装置、食品カット機械、射出成型機、
  ロボット、AIシステム、ピッキングシステム、自動計測システム、Iot関連装置、捺染機など
  さまざまな設備投資が対象となります。

 

申請手続きの流れ

 1.2017年10月3日~10月17日までに、提出日を予約

 2.10月23日~26日に申請書類を持参して提出(持参必須)

 3.一次審査(書類) 11月上旬~1月上旬

 4.二次審査(面接・書類)2月上旬~2月中旬

 5.助成対象者決定(いわゆる合格発表)

 6.2018年4月以降(予想)~1年間の間に機械の購入など計画を実施

 7.完了報告、約2か月後に助成金交付

 8.事業化実施報告等
 (図は「平成29年度 第2回革新的事業展開設備投資支援事業募集要項 」東京都中小企業振興公社 より引用)
 
 
 

当社の申請書作成完全代行 ものづくり補助金等の過去実績一例

業種電気製品製造業業種食品製造業
内容デジタル顕微鏡など検査設備一式の購入内容加工用電気釜の購入
補助金採択額1000万円補助金採択額1000万円
業種販促用什器製造業業種電子部品製造業
内容金属加工機の購入内容試験装置一式
補助金採択額1000万円補助金採択額1000万円
業種歯科技工所業種ITシステム開発
内容加工装置一式内容システム導入費等
補助金採択額500万円補助金採択額800万円
業種アパレル商社業種プラスチック製品製造業
内容受発注管理システムの導入内容射出成型機の導入
補助金採択額500万円補助金採択額3000万円

上記のほか採択実績、コンサルティング実績が多数ございます。

 
申請サポートメニュー

当社のフルサポート内容

 ・申請書類の作成一式
 ・助成金が入金されるまでの書類作成を一式行います。電話・メールでの相談も随時可能 

お問い合わせから申請、助成金入金までの流れ

 お問い合わせから助成金入金までのおおまかな流れは以下の通りです。
 採択された場合、助成金が入金されるまでサポートいたします。
 
 1.お問い合わせフォーム、お電話、メールなどでお問い合わせ
 2.当社コンサルタントよりお電話で初回相談
   申請の対象になるかどうか、また採択される可能性があるかどうかお答えします
 3.お申込み・着手金のお振込み
 4.面談もしくは電話でのヒアリング
 5.当社にて書類作成
 6.貴社にて内容の最終確認。内容に問題なければ持参して提出いただきます(10月23日~26日)
  (修正事項あれば当社で修正対応)
 7.一次審査に通った場合、二次審査(面接・書類)の書類準備と面接対策のアドバイスを行います
 8.面接
 9.助成対象者決定(2018年3月上旬)
 10.成功報酬のお支払
 11.事業完了後、当社にて完了報告書類の作成
 12.助成金交付(完了報告から約2か月後)

申請書類作成代行プラン料金

・着手金10万円 
・採択時された場合のみ成功報酬 補助金額の15%(ただし補助額1000万円を超える部分は10%。最低下限50万円)
(お支払時期:交付決定時)

 ◆例1:2000万円の機械を購入する場合(2分の1補助の場合) 補助金額1000万円
  着手金10万円+(採択された場合)150万円(補助金額1000万円の15%)

 ◆例2:4000万円の設備導入の場合(2分の1補助の場合) 補助金額2000万円
 着手金10万円+(採択された場合)250万円(補助金額1000万円の15% 150万円 + 超過部分1000万円の10% 100万円)
 (いずれも税別表示)
 

当社の強み

1.豊富な採用実績

当社株式会社リブウェルでは、ものづくり補助金をはじめ、創業補助金、小規模事業者持続化補助金、経営革新計画の取得などの経済産業省関連の多数の採択実績があります。現在までに6億円以上の補助金・助成金をサポートしています。

2.経営・補助金に関する高い専門性とアフターフォロー体制

当社の代表は中小企業診断士の経営コンサルタントであり、東京都中小企業振興公社の専門家として登録されています。これまで奈良大学で非常勤講師として知的財産管理論を担当していた経験があります。補助金申請から実際の交付までの経験、経営コンサルタントとしての見識、特許・知的財産についての知識をベースに、ものづくり補助金に関するノウハウを当社で蓄積しています。採択後のアフターフォローにも対応しています。

補助金申請が初めてで不安という方にもしっかりサポートいたします。

3.認定支援機関・専門家との多様なネットワーク

認定支援機関や経営コンサルタント、行政書士、税理士、公認会計士、弁護士、社会保険労務士などの専門家と提携し、多様な業種に対応しています。

問合せ先

 株式会社リブウェル
東京・大阪を中心に、補助金・助成金の申請サポートを行っている。中小企業向けの各種セミナーを主催している。
平成21年1月設立、資本金1000万円

オフィシャルサイト:http://www.live-well.jp
補助金専門サイト:http://www.rivewell.jp

お電話での問い合わせ
0120-136-139(フリーダイヤル 携帯電話からも通話可能)

お申込み・お問い合わせ

お申込み・お問い合わせは以下よりご入力ください。
※印は必須項目になります。

会社名(
部署
役職
お名前(
電話番号(
メールアドレス(
機械装置の購入予定金額( 万円
お問い合わせ内容

  

ご相談はこちら お電話もしくはお問い合わせフォームより

◆【東京都】『革新的事業展開設備投資支援事業』以外の補助金の申請書作成も可能です。個別にお問い合わせください。

ページの先頭へ戻る
Copyright(C) 株式会社リブウェル All Rights Reserved.