セミナー動画 購入ページ

IT導入補助金 徹底対策セミナーオンライン視聴のご案内

IT導入補助金に採択されるための申請書作成セミナーを3月29日東京(品川)にて開催しました。
当日参加できないもののセミナーの内容を見たいというご要望が多かったためセミナーを撮影・編集して公開することになりました。
本サイトからご購入いただければ当日のセミナーをオンライン上で視聴いただけます。

購入済みの企業様はこちらからログインください → 視聴用ログイン画面 

セミナーが「毎日新聞」朝刊に掲載されました

2017年4月5日の「毎日新聞」朝刊(大阪版)に当社セミナーの記事が掲載されました。

セミナータイトル

「IT導入補助金 徹底対策セミナー」 オンラインセミナー動画 (収録時間 82分 オリジナルテキスト19ページ)
 振込で代金お支払い当社確認後、2017年7月1日まで何度でも視聴いただけます。

 


(画像:本セミナーの動画より)

受講対象者

 補助事業者(法人・個人事業主)、ITベンダー・支援事業者の担当者

こんな方にお勧め


これからIT導入補助金を申請する予定の方、また支援する予定のITベンダー(支援事業者)の方
IT導入補助金の制度について知りたい方
どのような書類が必要なのか、手続き方法も知りたい方
採択されるためのポイントを知りたい方

セミナー収録内容(82分・テキスト付)


1.IT導入補助金の制度について
2.申請から実際に入金されるまでの流れと注意点
3.申請の際によくある間違い
4.採択されるための申請書の書き方
5.採択されるために記入すべき5つのポイント
6.加点ポイント
「おもてなし規格認証」の取得方法
「専門家」の支援を受ける方法
「経営力向上計画」の申請方法と注意点
7.その他の補助金・助成金情報
(一部質疑応答を含みます)

テキスト・配布資料はご購入後ダウンロードしていただけます(PDFファイル)。

ご注意:この動画の内容は、2017年3月29日時点でIT導入補助金事務局の公表している情報(2次公募の情報にあわせて一部補足・修正しています)と、当社のコンサルティング経験をベースに制作していますが、補助金に関する内容を一切保証するものではありません。正式な情報、最新の情報は必ずIT導入補助金の事務局に確認されるようお願いします。



担当講師

 牧野谷 輝(まきのや あきら)
株式会社リブウェル 代表取締役
中小企業診断士、ミラサポ登録専門家、元奈良大学非常勤講師(知的財産管理論)
これまで5億円以上の補助金・助成金の申請をサポート。 
著書:「中小企業のための補助金・助成金徹底活用法」(同友館 2016年6月発売 現在4刷。第1章執筆)

価格・お支払方法

価格は、貴社内にて視聴される人数により異なります。
社内の従業員の方以外が視聴する場合は、別口でお申し込みください。
ご購入者にはオンライン視聴用のパスワードを発行いたします。

1~5名視聴プラン(27,000円)
6~10名視聴プラン(48,600円)
11名~20名視聴プラン(81,000円)
21名~30名視聴プラン(135,000円)
31名~50名視聴プラン(189,000円)
51名以上視聴プラン(ご相談ください)
(いずれも税込価格)

●お支払方法(銀行振り込み)

●返金について
パソコンの環境の問題で視聴できない場合、返金いたします。パスワード発行後1週間以内にご連絡ください。

お申し込み方法

本サイトからお申込みください。
その後、自動返信メールで振込先情報をお伝えします。
お振込み確認後、視聴用のURLとパスワードをお知らせします。
(視聴にはインターネット環境が必要です。ブラウザ上で視聴できますのでソフトウェアのインストールやパソコンの設定は不要です)

IT導入補助金とは

(平成28年度補正 サービス等生産性向上IT導入支援事業)、システムの導入費用の3分の2、最大100万円まで補助される補助金です。3月31日から2次募集が開始されます。

ITツール(ソフトウエア、サービス等)が補助対象となり、例えば、ホームページ制作や、オンライン上のクラウドシステムの導入費用、ソフトウェアの購入費用、カスタマイズの費用、1年間分の使用料等が補助の対象となります。
一例としては、120万円(初期費用と年間使用料金等。税別)のシステムを導入する場合、80万円があとから補助金として戻ってくることになります。

今回の、政府の補助金予算額は、100億円あります。2017年2月末で1次募集は終了しましたが、3月31日から6月末まで、2次募集が行われます。

●採択されるためのポイント
補助金の申請には、事業計画を書く必要があります。IT補助金の事務局が見本を作っていますが、記入する項目に1行程度しか記入していません。その見本を見て申請すれば、採択される可能性は低いと言えます。

これはほかの補助金でも同様で、見本通りに簡素にかけばほとんど通らないのが実情です。簡単に書けそうなIT導入補助金の信施書類を本当に簡単に書いてしまえば、みすみす補助金を逃してしまうことにつながります。募集期間が1か月程度と短かかった1次募集とくらべ、2次募集は3か月あり、激戦が予想されます。

●2次募集について
3月31日2次公募の案内がありました。中間締切がないため、多数の応募の中から審査されることが予想され、採択が厳しくなることが考えられます。
確実に採択される申請書を作成するために、どのような内容をかけば採択されやすいのか、加点要素を取るための方法、その他、作成のポイントを本セミナーではお伝えします。

問合せ先

 株式会社リブウェル
東京・大阪を中心に、補助金・助成金の申請サポートを行っている。中小企業向けの各種セミナーを主催している。
平成21年1月設立、資本金1000万円

 オフィシャルサイト:http://www.live-well.jp
補助金専門サイト:http://www.rivewell.jp

お電話での問い合わせ
0120-136-139(フリーダイヤル 携帯電話からも通話可能)

ご購入は以下よりお申し込みください。
※印は必須項目になります。

会社名(
部署
役職
お名前(
電話番号(
メールアドレス(
IT導入補助金徹底対策セミナー(オンライン動画)の購入(
備考欄
ページの先頭へ戻る
Copyright(C) 株式会社リブウェル All Rights Reserved.